製品紹介

遠赤外線ロードヒーティング

電熱ケーブル線の外皮(耐熱ゴム部分)に、遠赤外線の放射率が高い遠赤素子(特殊カーボン)を混入し、コンクリート等の舗装体にも遠赤素子を10%混入させております。そしてヒーターから出た波長を共振、増幅させ、効率よく雪に放射します。遠赤外線を効率良く放射する遠赤素子を路面塗装材と、遠赤外線を放射する電熱ケーブルの二重構造で効果的な融雪を行うことができます。
従来の電熱方式に比べて1℃~2℃の低温稼働なので、従来のロードヒーティングシステムに比べて、ランニングコストを約3~5割低減させることで大幅なコストダウンが可能です。
適用箇所/道路・駐車場・歩道・階段・玄関
・ご使用にあたって取扱説明書をよくお読み下さい。
・本システム・製品は改良のため予告なしに変更する場合があります。
・日本融雪株式会社が指定する資材以外で施工したり、指定した施工法以外の施工を行った場合の不具合の発生に対して、当社は一切責任を負いません。
・事前の設計値以上の降雪、気象条件の場合、融雪時間がかかったり、残雪の可能性がございますので、ご了承ください。